別な視線から物事を見てみる、万人から外れてみる、挑戦してみる、何かを生み出してみる、すべては己の好奇心のために! 常に次なる自己啓発のために!探求心に歳は関係なし!


by ma-saru1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

逆行する季節

サクラが散り、新緑の季節で虫達が舞い始める季節のはずなのに、
季節外れの低気圧が居座って居る為、今週末はとても寒い。
最高気温も10度を少し超す肌寒さ。風が吹いたら体感温度は2-3度下がるはずだ。

なぜこんなに天候不順で寒いのか。
世界規模で天候異変が起こっているから地球全体のバランスがおかしくなっているのだろう。

地震も気になるけど、中華インフルエンザも気になる。
いつもとは違う春だ。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-20 17:36 | 天候

世代交代

三国連太郎が亡くなられた、御歳90歳。

故人のご冥福を心から祈ります。

幾度、先人が去り、世代交代は静かに行われていく。

なんか無性に悲しいのは何故なんだろうか。

父の事も有るので人ごとではないが、

どことなく佐藤浩市が同世代という共通点が有る為だろうか?
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-16 02:03 | 観察

宇宙戦艦ヤマト2199

TBSの日曜夕方からの番組枠で「宇宙戦艦ヤマト2199」が始まった。

実に30年ぶりに全編リニューアルしてのTV放映だ。
(初代ヤマトの放映時、オイラは中学一年生だった。)

映画編を含む「ヤマト」アニメシリーズで数多くの事を学んだ !

一部内容はリニューアルされているが、また見てしまいそう、いや、絶対見る!!

そうそう、最新映画版の「宇宙戦艦ヤマト 復活編」の続編
(前作が前編なら、中、後編の2部が残っているはず)も忘れないで遅れよ、
石原さん!! (脚本はあの石原慎太郎なのだよ)
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-07 20:05 | エンターテイメント

爆弾低気圧

土曜夕方からの暴風雨は、去った。足早に過ぎて今日は快晴o(^▽^)o

だが、風は強く、空気も冷たい。上空のちぎれ雲が北に動くその速さに驚いている。

この天候は油断大敵。さて、今日は私の誕生日。ゆっくりと一日を過ごしたい。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-07 10:22 | 天候

春の嵐は週末に?

寒くなったり、半袖で過ごせるくらい暑くなったり、
壊れかけたエアコンのような安定しない天候が続く。

今週末の予報は昨日を上回る春の嵐が来るらしい。

季節の節目はいつも波乱な天候だ。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-04 23:19 | 天候

星空と闇の疾走

春の嵐が過ぎ去った夜、夜空を見上げた。

山梨の夜空は星が多く見える。

病院を後に家族で食事を済ませ、一路東京へ。

中央道は街灯が少なく、カーブが多い勝手に命名「ジェットコースターハイウェー」

ヘッドライトが照らす反射板を頼りに車を走らせる。

怖くもあり、反面、楽しくもある。

これからの事は誰にもわからないが、一つ確実なのは今までと違う事が待っている事。

目前の問題は確実にクリアしていこうと決めた。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-04 00:49 | 出来事

病名が判明した。

6時間に及ぶ手術が終了した。

病名はスキルス性胃癌、最終ステージだったための胃の全摘出だった。

これから抗がん剤治療が始まるという。

母親の気苦労が心配だ。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-03 19:03 | 出来事

進行中

3時間以上経つが未だに終わらない? 

実は胃の全摘出、病名は癌。

幸い転移がないという診断だったが...

今しばらく我慢の時は続きそうだ。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-03 17:30 | 出来事

春嵐

桜散らしの雨、風。これで桜の季節は終わる。

今、実家の親父が緊急手術中。ドラマであるような緊迫感はないが、心中落ち着かない。

高齢者医療問題が身近に起こるなんて思ってもなかった。

雨は止み、日が指してきた。手術終了予定時刻まで、あと2時間...
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-03 14:09 | 出来事

もう百貨店には頼らない

冷たい雨の中、銀座、渋谷、新宿、そして日本橋。電話で問い合わせして対応のよい百貨店へ。仕事で使う小道具を探している。

世の中、思っている以上に広いということを今回も思い知らされている。

やはり今回もここへ出向くしかないか。
c0039761_1231313.jpg

[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-02 11:55 | 観察
当たらないね、京楽の冬ソナfinal。ソコソコノ期待感はあるんだけどね、大当りには程遠い感じが否めない。

まあ、比較が大王四神記なんでスペックもだいぶ異なるから当たらないと感じるのは当たり前なんだけど。

ちょっと運を貯めてから出直すとしよう。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-02 10:59 | エンターテイメント

インナーソール交換

靴の手入れを行った際、インナーソールを交換してみました。

交換に至ったのは、歩いていて追い越される事が多くなった事、靴下の素材に関わらず靴の中で足が暴れる感覚がありイライラしていた事、電車内で立っていると重心が片方の足のみにかかり疲れ易くなった事。

上記した違和感を脱却したい思いからの交換でした。交換前のインナーソールはつま先部分で力の掛かる部分がつぶれていました。左右のインナーソールを比較すると右足の方に体重がかかっていた痕跡が伺えます。

新しいインナーソールはかかと部分にわずかながらクッション材が仕込まれています。あまり効果的でないと思われるその構造に疑問を保ちながら、一日を過ごしました。

結果は意外なものです。よく足下から揺らぐという言葉が有りますが、電車内でも以前有ったような揺らぎが無くなりました。普通の革靴なのでくるぶしまで覆い隠すものでは有りませんから、インナーソールを入れた事で足と靴の設置部が安定したかが伺えます。

歩いていても足を踏み出す事が楽しい〜♬ 靴の中で足が暴れる感覚もなくなりました。お値段¥1800円で快適生活になるグッズとして、今回のインナーソールは実に効果的なものです。

春の天候不順で本日は雨、そして冬のような気温。今日も一日、このインナーソールで快適に過ごしたいと思います。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-04-02 09:14 | 観察

部屋が狭くなったw

マンションの改築工事を行っている真っ最中。
ベランダの網戸を外して屋内にて保管する事になりました。

それにしても、デカイ!!

普段気にかけていませんが、ベランダの網戸が部屋に鎮座すると違和感がありますねw

暫くは部屋が狭くなりますが、仕方有りません。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-03-31 23:33 | 出来事

プリウスを駆る

渋滞、雨、夜間走行とプリウスを駆ってきましたw 

まずはエンジン始動、相変わらずエンジンが掛かっているのか解らない状態も有りますが悩んでもめんどくさいのでミッション「D」「ECO」でアクセルを踏み込むと走り出します? 初めからエンジンONにならないのも「ECO」モードの特徴でしょうか? そのままアクセルを踏み込むとエンジンが始動します?ここら辺の仕組みがよく理解出来ていないのと、今までのドライブ感覚と異なるので不思議な感じです。走り出してしまえば難なく普通のクルマ。でも、スピード感覚が何となく異なるのが今回の強い印象でした。窓から見える風景の流れ方とエンジン音で自分がどれくらいスピードを出しているのか判断出来るのが今までのドライブ感覚だとしたら、プリウスのそれは、スピードを感じさせないドライブ感覚をドライバーに与えると言っていいでしょう。

余談ですが、以前ポルシェに試乗した時、独特なエンジン音と景色の流れ方が、それまでのドライブ感覚と全く異なり驚いた経験と今回のプリウスドライブから受ける感覚は似ています。もっともポルシェのものは80kmくらいで50Kmのスピード感覚でしたからレベルが違いますけど。噂によれば最近のポルシェ、レーシングバージョンでは0から50kmまでスピード標示されないものも有るとか?

さて、プリウスドライブに戻りましょう。次はエンジンブレーキの話。説明書によればミッションに「B」と言うものが有ります。これはオートドライブで言うところの「1」「2」。エンジンブレーキが効くモードだと言うのですが、やはり普通のクルマと比べるとちょっと違う感じでした。なぜなら「D」から「B」へドライブ中の移行が難しく使いづらいこと。某所でそれなりに傾斜が付いたピルディングパーキングからの降下時に使用しましたがちょっと怖い感じがしました。一般走行でも「D」から「B」への移行はミッションに負担がかかるようでぎくしゃくしたかんじになります。快適ドライブなら「D」のみでブレーキペダルを多用した方が良いですね。ただし、スピードの出過ぎから急ブレーキは禁物。ブレーキの踏みしろが多いのも電力発電ユニットが付いているのでしょうが、車間距離は十分取り、少し速く、長く踏み込むくらいのブレーキ使用が好ましいようです。

夜間走行では、思いっきり踏み込んでメリハリある走りで交通量の少ない道を選び走りました。スタート時もガバッとアクセルを開けてエンジンエンジン走行。ブレーキには注意を払いそれなりにスピードものりました。残念なのがタイヤ。スタッドレスタイヤ装着車だったんです。カーブで踏ん張りが利かないのも解ります。では、夜間走行ではどうだったかと言うと、「普通のクルマ」でしたw。でも、排気量がそこそこなのでパワー不足は否めませんね。燃費も10モードで「17.2km」。これはこれで嬉しいのですがクルマを駆るという本来の爽快感は得られていないと思います。まあ、高速道路を移動手段としていないのでこんなものでしょう。

プリウスだからと思い、遠慮がちなドライブをしてしまったので自分が持つ2.5L級のGT車に劣る部分ばかり感じてしまったようです。そして、今回最も駄目出ししたい部分が、ドアの開閉尾。軽いと言うか中空部分が多く有るドアらしく安っぽい感覚音がします。同時にボディー全体の造りも剛性感が足りなく、高架下などの大きな雨粒が当たるだけで異質な金属音がする有様。ちょっと残念です。

コレからのクルマという意味では個人的に「70点」。でも、個人的な購入意欲をそそるまでには何かが不足している気がします。パワーなのかなぁ? 今回はプリウスでしたが、2L以上の排気量だったらハイブリット車はどうなのでしょう。機会があれば試乗してみたいと感じました。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-03-30 20:06 | クルマ

プリウスって...

プリウスに乗りましたw でも、乗りにくかった。
その理由はいくつか有りますが「慣れ」の問題が大きいと思います。
まずは、エンジン始動から。豊田さん! コレって音声案内があった方が良いですよw

駆動方式が今までのエンジンミッションと異なる為、坂道発進時にほんの少し後退しますね。
低速時のモーター駆動がアクセルの開閉度とリンクしていないせいでしょう。
踏み込んでいくとエンジン回転も上がり、普通のクルマですがアクセルオフしてもエンブレは効きません? これも仕様ですかね? 「D」「N」「R」以外にミッション標示が無いのでエンブレの多様は無理だと思います。また、車重が重いので運動性能は「堅い」印象。重心が低いという造りには至らないので感覚以上に減速を行わないとFF駆動独特なクセもありアウトに膨らみます。

車内から外を見る感覚は大型ワンボックスに近い感じで、ガラス張りの開放感は有りません。
夜の運転で比較的交通量が少ない道を選んでいたのでアクセルのオン、オフは少ないにも関わらず運転していて思うように曲がったり動いたりせず、感覚的なズレを生じてストレスが生まれました。

うーん、ほんの少しの運転にも関わらず余り良い印象がありません。確かにエコでしょうがクルマ好きのにしてみれば意見は変るでしょう。

機会があれば、本田のクルマにも乗ってみましょう。
[PR]
# by ma-saru1 | 2013-03-24 22:27 | クルマ