「ほっ」と。キャンペーン

別な視線から物事を見てみる、万人から外れてみる、挑戦してみる、何かを生み出してみる、すべては己の好奇心のために! 常に次なる自己啓発のために!探求心に歳は関係なし!


by ma-saru1
カレンダー

<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

難解、何回...

PSP片手に通勤電車、一向に解読出来ない難解な「数独」のある問題。

クリアするまで二ヶ月程、何回トライしたかな?

それでもクリアに至るヒントは、勘違い。

無駄な時間を過ごした気は、サラサラなく清々しい気分!!

俺の人生に無駄など無いのだよ!!

まだまだ、続く数独。ドップリハマッたゲームだ。
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-30 18:43 | GAME

雷雨_02

ビルの外階段を使えば遥かに目的の場所に短時間で着く。

屋内の階段は複雑、エレベーターは各階止まり。

そんな時に限って、再び激しい雷雨。

それでも外階段を回ろうと入り口に際掛かると、

「!...ダメだぁ!!」

凄まじい豪雨で階段は小さな滝のようになっていた.....

今迄に見た事もない光景に唖然...あきらめかけてUターン。入れ違うようにある人がその入り口で同じ光景を見て大きな声を上げる。

しかし、鉄扉の開閉の音...「焦ってるなぁ?でも、あの滝のような階段良く行くなぁ」などと思っていると、

「何だー、これー」と大声。先を急いでいるので「何かあったんだろうな」位の感じで屋内階段へ。

...翌日、その階段の途中の踊り場、ずぶ濡れになってボロボロになった無数のダンボールが散乱していた。

「昨日の大声は...これね!」後片付けが大変だった...

やれやれ...
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-30 18:22 | 天候

雷雨_01

仕事にて朝帰りのタクシー、凄まじい雷雨には

「人間は、ちっぽけな存在」ということを考えさせられる。

突然の状況変化に対応出来る事もなく、帰宅時の大渋滞の原因は、

「雷雨による視界変化とスリップ」だった。

客を乗せたまま進行方向とは逆向きになった数台のタクシー...

轟く雷鳴、凄まじい雨...
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-30 18:07 | 天候

連日…

c0039761_11305727.jpg

今、晴れているけど天気予報は雨?しかも雷雨?

この雲行きだと、怪しい?
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-30 11:30

カスタマイズ

新規購入したマルゼンAPS-3の火入れの儀式?も済んだ。素性が初期ロットと比べると格段にいい。付属している5発マガジンの内蔵バネも以前のように強くない。(給弾時に二発送り込むための改善処置?)

本大会会場出店ブースに出ていた「蔵前工房舎」からAPS-3用シアーA&Bセットと新規予約発注を済ませた「SUSストライカー」をこの新規購入したAPS-3に組込む事にした。ノーマルでのシューティングはある程度なら我慢出来るが急ぎ上位を目指そうとするするシューターにとって銃に対しての不安要因は早めにつぶしていこうと思ったからだ。

それに蔵前工房舎の匠/桑田さんとの会場での会話から絶対の信頼と「感」でしか感じ得られない大切なものを感じたからだ。もちろん銃への信頼と組上げ精度もある程度の限界はある。シューター自身のシューティングに対する技術向上や肉体的維持、トレーニングも点数向上の為には欠かす事の出来ない大切な土台(ベース)だ。

運良く工房でAPS-3/コンプリートモデルを試射出来る機会に恵まれた。ダットサイト搭載でお値段¥100K。お高いとみるかどうかは、試射する前後で全く変わった。

「意のするままに銃を操れる」そんな印象をもったすばらしい作品だと言える。しかし、いざ購入と言う訳には事情が許さない。少しでもそれに近づけていけたならと思案すると時間をかける事で可能ではないだろうか。

とにかく初期段階の新規ロット マルゼンAPS-3購入と、第二段階の機関部部品組込みまでは順調に推移している。あとはゆっくり事あるごとに目指すべきAPS-3に近づける事にする。

そのうちAPS-3 LIMITED EDITION 2008が登場するだろう。懐具合にもよるがぜひともGetしておきたい一品である事には間違いない。

こんなにもAPSにハマるなどとは思っていなかったが、デジタル全盛の時代にアナログ的な射撃もまた一向だ。競うところの本質は、人間が根底にある。人はデジタルに精神的にも肉体的にも絶対的に移行出来ない存在だ。競うところに人間の本質は見え隠れする。APSもある意味スポーツとして拡大していってもらいたいと願っている。その為には各地で開催されるであろう記録会の拡大とジャッジメントを勤める人員の育成と拡大も必要だ。

さて、思いつくままにいろいろ書き込んできたが機関部部品を組み替えただけでどのくらいの効果をもたらせてくれるか今から仕上がりが楽しみなAPS-3だ。その前に仕事の山場を乗り切らなくては.....
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-24 19:57 | GUN

弱肉強食

茂みから「すずめ」が入ったり出たり?

「すずめって落ち着かないくらいうごきまわるな?」と思っていると

その茂みから何やらポロッとこぼれ落ちた?

再びその茂みから、そのポロッと落ちた何かにすずめがくちばしでついばむ?

すずめのついばみでコロコロ動くくらいだから大した重いモノものではない。

その様子を見ているとついばんだ拍子にコロコロとそのモノがこちらに転がってきた?

「なんだ?」その正体見たさに身を乗り出すと...


蝉(せみ)だ!!

羽根、手足は無いが、間違いなく蝉だ。

すずめも蝉は食べるんだ..思わずぞっとした。
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-24 18:23 | 観察

駅のホームに降り立つと、小さな女の子がひとり、ぽつんと立っていました。「ちょっと、危ないか?親はどこよ?」と思っていると電車発車のチャイム。エスカレーター脇の狭い通路にたたずむ小さい女の子は、母親を探しているようにキョロキョロと落ち着かないようす?

電車のドアが閉まり、電車がゆっくりホームを滑り始めると何を思ったのか女の子が動き出した電車に小走りに吸い寄せられるがように近づいていく。


あぶない!!

寸でのところで、大学生らしき女性とベービーカーを電車側すれすれに押し出して女の子を止める母親らしき女性。


あと、数秒遅れていたら...

たまたま助かったからいいものを、なんかぞっとする光景でありました。

ベビーカーも電車まで数センチ程!! あの学生があの場にいなかったら...

最近の親って、子供が視界から外れてしまうようでいろいろ事故が起きています。自分に限ってなどとおごらずに注意を十分過ぎるくらいにはらうべし。

はらはらした出来事でした...
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-22 23:44 | 観察

高速道路

以前、高速道路は真っすぐで平坦な道の連続だと思っていました。

しかし、最近は「曲がりくねった連続カーブの道」という認識が強くあります。

中央高速などは典型的な例ですね。下り上り共におもろいくらい高速カープの連続です。

インでアクセルパーシャル、アウトでアクセルイン。こうした技術が必要です。

しかし、最近のクルマは?というか最近のドライバーはアクセルを弱めたり、クルマ自体がアクセルに敏感に反応しないようです。スピードが乗ったら乗ったままの走り。車間距離などあったもんじゃない?

特に軽なのに140km程でチョロQのようにすっ飛んでいく有様は、滑稽というより危険な雰囲気を漂わせます。

それでもカーブの連続だとドライバーの運転技術があからさまに走りに現れる。これは見ている方としても面白いことです。
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-22 23:32 | 観察

祭り

今週末は、日本各地で「祭り」が繰り広げ枯れる週末らしい。

生憎(あいにく)、天候は下降気味...散々いままで真夏日だったのに、ここ最近は朝夕歯涼しいと感じるくらいの気温。おかげで今朝、久々にこむら返りで足をつってしまいました。いやいや、不覚です。

季節の変わり目も雨で始まるのかも?

今年の夏も終わっちまったなあー。

世界のお祭り「オリンピック」ももうすぐ終盤。

閉会式はゆっくりとテレビにかぶりつき?だろうね。
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-22 23:23 | エンターテイメント

今日も どこかで

KAZUMASA ODA TOUR 2008/今日も どこかで、

そうです、小田和正コンサートへ行ってきました!!

ところは、山梨県県民文化ホール/大ホール。わずかに1500名程ですが、熱狂的なファンで会場は埋め尽くされました。

いやー、言葉が音楽とともに、それに小田さんの声と共に自然に入ってくる。形式張った繋ぎのコメントはメモなど見ずに、久々に小田さんらしい辛口です!! いやー、走らない小田さんもいい!! ご当地紀行撮りで「昇仙峡」の一番眺めのいいところまで足を伸ばしたのでいささか疲れ気味? 出だしハシりの3-4曲で喉をやられたらしく途中でのど飴を口にして頑張ってました。直後の「確かなこと」かなりヤバいと思っていましたが(声の調子がイマイチで音程に声が不安定!!大丈夫か?)、後半当人から「納得出来ず心残りなので、もう「一度確かな事」を歌います!」二度目のそれは「完璧!!」

会場は大盛り上がりでありました。そして、最後に嬉しいコメントが!!

前回代々木のコメントでは、
「今度いつ合えるかな?などと約束できない歳になってきました...」
などどかなり弱気なコメントだったのですが、

今回は、「また、合いましょう。そして、またここでコンサートやりましょう!!」
とうれしいコメントを残されました。久々、「ありがとーう!!」を聞けて元気一杯の小田さん見れてうれしかった!!

約束通り、また、会いましょう!!小田さん!!
[PR]
by ma-saru1 | 2008-08-20 00:21 | エンターテイメント