別な視線から物事を見てみる、万人から外れてみる、挑戦してみる、何かを生み出してみる、すべては己の好奇心のために! 常に次なる自己啓発のために!探求心に歳は関係なし!


by ma-saru1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ターミネーター ジェネシス

昨日、WOWOWで見た。最近の映画はゆうに2時間越えなのでノンストップで映画館で見る気がしない。それにしてもハチャメチャな進行に次から次へと驚かされる。一体何が正しく何が間違っているのか?予測できない展開と確実性がない世界観、時間軸はどれが正しくどのような誤差があるのか全く訳が解らない?
ナノマイクロマシンになって現れる敵も完全体ではなく弾丸をモロ受け。ここら辺はマトリックスバリに超スローで回避してもらいたいが、、、

個人的にはサラコーナーが幼すぎる。最も今回の映画では初代ターミネーターの繋がりとは全く異なる別世界からの展開。時間軸は全くの無視、というより未来はいくつも点在していると言わんばかりの進行だった。

最終的には審判の日は回避できるがまだ奴は消えていない。次回作もあるよと言わんが如くの終わり方だ。

そう言えば、スタートレックで現代のミスタースポックが超未来の年老いた自身に教えをシーンがあったっけ。それを思えばココ最近の映画脚本は何でもあり。死んだ奴も生き返らせる展開も有りありだな。宇宙映画はその時間軸さえも無限でいくつもあると思わせる。

敵の最新兵器が味方の最新兵器となり対峙する映画もあったな。常識にとらわれず時は流れるが支流は無限なのか?

こうしていろいろ綴るうちに言わんとしたい事が朧気に見え感じ始めている。でも、今回はここまで。さあ、次はどんな感じで映画を見るか楽しみだ。


[PR]
by ma-saru1 | 2016-06-13 21:29